2020年度共同巡回健診中止について Q&A

Q-1.共同巡回健診が中止になり、他に何か名鉄健保が実施する健診補助はありますか?
A-1.特定健康診査と名鉄健保の人間ドック補助があります。
Q-2.特定健康診査とは何ですか?

A-2.基本的な健診です。

① 受診は無料です(名鉄健保が全額負担、年1回)。7月中に会社経由で配付される「受診券」をご利用下さい。

② 身体測定、血液検査、尿検査、問診などの健診ですが、がん検診はありません。

③ 受診できる健診機関は名鉄健保のホームページで確認できます。

2021年1月末までに健診機関に予約をしてご利用ください。

Q-3.名鉄健保の人間ドック補助とは何ですか?

A-3.名鉄健保が指定した健診機関で、人間ドック(40,000円程度)費用の一部を名鉄健保が補助する健診です。

① 受診には利用者負担金8,000円が必要です(差額は名鉄健保が負担、年1回)。

② 検査項目は特定健康診査の検査項目に加え、胸部・胃部X線、大腸がん、腹部超音波検査の他、オプションで乳がん、子宮頸がんなどの検査があります(オプション費用は個人負担です)。

③ 受診できる医療機関は名鉄健保の指定医療機関に限ります(年1回)。

Q-4.名鉄健保の人間ドックでオプションの乳がん・子宮頸がん検査は無料ですか?

A-4.一部を還付(申請をもとに後日払い戻す)金で補助します。補助申請の流れは以下のとおりです。

① <受診当日>受診者が受診機関へオプション費用の全額を一旦支払う

② <受診後>受診者が名鉄健保へ補助金を申請する

③ <申請後日>各検査の上限3,000円までを還付金として健保から払い戻される

※ 名鉄病院で受診する場合は、乳がん・子宮頸がん検査費用の全額を補助します。但し、受診日に制限があるほか、企業の団体申込が優先し受診できない場合があります。

Q-5.共同巡回健診の利用者負担金は3,000円でした。人間ドックも3,000円で受けられますか?
A-5.いいえ。名鉄健保の人間ドック補助の利用者負担金は8,000円です(名鉄病院を除く)。なお、過去の「共同巡回健診」で付与されたポイントは、来年度以降の共同巡回健診でご利用ください(今年度の人間ドックではご利用できません)。
Q-6.特定健康診査とは別に乳がん・子宮頸がんを受けようと思いますが、補助してもらえますか?
A-6.特定健康診査の補助は行いますが、乳がん・子宮頸がん検診の費用は補助できません。乳がん・子宮頸がん検査は、あくまで「人間ドック」のオプションとして受ける場合の補助です。