特定健診・特定保健指導

平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて、40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導がスタートしました。

これを特定健診(特定健康診査)・特定保健指導といい、当組合を含め、各医療保険者に実施が義務づけられています。併せて「特定健康診査等実施計画」を策定し、これを公表しなければならないと定められています。

特定健診・特定保健指導の目的

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。

特定健診・特定保健指導では、メタボリックシンドロームに着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための支援を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。

生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。