乳がん、子宮がん検診(35~75歳)

健診比較表
 期間
4月1日から翌年3月31日までの年度内
 対象者
健保が補助する人間ドックのオプション検査として受診する方
 補助内容と利用者負担額

【乳がん検診】(マンモグラフィー検査、エコー検査)

名鉄病院
  1.  無料
    ※マンモグラフィー検査、エコー検査 のどちらかをお選びください

  2.  複合検査(マンモ+エコー)の場合
    利用者負担金 3,000円

    ※複合検査費用11,000円のうち、健保が8,000円を補助します。

名鉄病院以外の指定医療機関
  1.  検査にかかった費用のうち 5,000円までを健保が補助します

    補助対象となるのは
    マンモグラフィー検査
    エコー検査
    です

【子宮がん検診】

名鉄病院
  1.  無料
    ※子宮頸がん細胞診、頸膣エコー

名鉄病院以外の指定医療機関
  1.  検査にかかった費用のうち 5,000円までを健保が補助します

    補助対象となるのは
    子宮頸部細胞診
    です

 受診から還付までの流れ
名鉄病院
  1. ① 名鉄病院に検査予約して受診。
    ※複合検査(マンモ+エコー)の場合は、利用者負担金3,000円をお支払いください

名鉄病院以外の指定医療機関
  1. ① 指定医療機関に検査予約
  2. ② 受診日に医療機関へ検診費用を一旦全額支払い
  3. ③ 後日、補助金申請書を用いて健保に補助を申請
  4. ④ 給与口座に健保から補助金分を還付
 受診のごあんない
乳がん・子宮がん検診

 

 申込方法
申込手続き・受診方法は、健保へ加入の各会社によって異なる場合があります。利用前に、各会社の衛生管理・健康管理室・庶務・総務などでご確認ください。
 個人情報の取り扱い
  1. 健診結果は、医療機関から健保組合にも通知されます。
  2. 申し込み時にお預かりした個人情報と健診結果は、名古屋鉄道健康保険組合個人情報保護管理規程に従って、厳重に保管・管理いたします。
  3. 健診結果や医療機関の利用状況の情報は、各会社との保健事業実施において共有します。
  4. 健診結果や医療機関の利用状況の情報は、保健事業以外の目的では使用いたしません。
  5. 健診結果について、健保組合から受診者に対してお手紙をお送りする場合があります。
  6. 健診結果において「要精密検査」の診断がある場合は、必ず医療機関を受診して医師の指示に従ってください。精密検査を受診しない場合や治療をしない場合は、健診費用を全額負担していただくか、次年度から当補助制度が受けられなくなる場合があります。
  申請書類はこちら
  • 乳がん・子宮がん補助金申請書
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。