健保からのお知らせ

2021/04/01

令和3年4月1日より新たに発行する健康保険証について、家族を区分するための枝番が印字されます。

健康保険証(カード)には、本人を確認するための記号・番号が印字されています。記号はお勤め先の会社によって異なり、また番号は被保険者ごとに異なるものです。被保険者の家族(被扶養者)については、被保険者と同じ記号・番号となります。

現在、国が進めている医療機関等におけるオンライン資格確認において、記号・番号のみでは本人か家族のうち、どなたかを確認することができません。そのため、番号の後ろへ2桁の枝番を追加することで、記号・番号・枝番によって、誰か分かるようにすることとなりました。

健康保険組合に与えられた役割は、4月1日から発行する健康保険証へ枝番を印字することとされています。枝番に特に意味はなく、家族1人ひとりで異なる番号となります。そして、被保険者の場合は「00」となります。

名鉄健保では、4月1日から発行する健康保険証について、番号の後ろに2桁の枝番を印字いたしますので、ご承知おきいただきますようお願いいたします。なお、4月1日より前に発行した保険証については、そのままご使用いただけるため、枝番付保険証への交換について、現時点では予定しておりません。

ご不明な点などございましたら、下記までご連絡ください。

【お問い合わせ先】

名古屋鉄道健康保険組合 業務担当適用係 052-626-5333