健保からのお知らせ

2021/07/15

夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について(厚労省通知によるもの)

今般、厚生労働省から通知された「夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について」基準が更新されました。それに伴い、認定基準を被扶養者認定時に確認するため、「被扶養者 認定届」の様式を変更し、新たに添付書類をお願いすることとなりました。令和3年8月1日以降の届出には新様式の帳票にて提出をお願いいたします。

◆夫婦共同扶養の場合における被扶養者の認定について(概要)◆

被扶養者の扶養認定時、夫婦がそれぞれ被保険者として健康保険に加入している場合、年間収入が多いほうの被扶養者とする。

夫婦の年間収入の差額が年間収入の多いほうの1割以内である場合は、主として生計を維持する者の被扶養者とする。

◆変更帳票◆

・被扶養者 認定届

・被扶養者 認定届(出向者用)

◆変更点◆

配偶者(妻・夫)の年間収入記入欄の追加

◆追加される添付書類◆

共同扶養している配偶者(妻・夫)の前年の源泉徴収票