健康保険法改正に伴う傷病手当金の取り扱い変更について(令和4年1月1日~)

傷病手当金支給期間の通算化

健康保険法が改正され令和4年1月1日より施行されます。

従来、傷病手当金(法定)の支給期間は支給開始日から起算して1年6ヶ月を超えない期間とされており、その間に一時的に出勤した期間があっても、その期間は支給期間である1年6ヶ月に含まれていました。
今回の法改正では、仕事を続けながら長期間に渡って治療等が受けられるよう支給期間が通算化されます。
具体的には傷病手当金の支給を受け一時的に出勤した期間があった場合は、その期間を含めず1年6ヶ月、傷病手当金の支給が受けられることとなります。

名古屋鉄道健康保険組合では法定の傷病手当金に対する独自の付加給付として、延長傷病手当金を支給する制度がありますが、その支給期間についてはこれまでと同様、傷病手当金支給満了後から6ヶ月を超えない期間での支給となります。

【現行制度】傷病手当金:支給開始から1年6ヶ月を超えない期間での支給

延長傷病手当金:傷病手当金支給満了後から6か月を超えない期間での支給

【法改正後の例】傷病手当金:支給期間を通算して1年6ヶ月の期間での支給

延長傷病手当金:傷病手当金支給満了後から6か月を超えない期間での支給

【総支給日数】

総支給日数は支給を始めた日から暦で通算1年6ヶ月であり、支給開始日により日数が異なります。

※改正前と最大の総支給日数に変更はありません。

支給開始日 支給満了日
(1年6ヶ月連続での支給の場合)
総支給日数
令和4年2月1日 令和5年7月31日 546日
令和4年3月1日 令和5年8月31日 549日
令和4年4月1日 令和5年9月30日 548日

【通算化の対象者】

令和2年7月2日以降の支給開始日であり、かつ法改正施行日(令和4年1月1日)時点で傷病手当金の受給権がある方が対象となります。

※改正前と最大の総支給日数に変更はありません。