【食生活】少しの工夫で健康度をアップ♪

健康的に見えるその組み合わせ、本当に健康?<コンビニランチ比較!>

健保ニュースでお伝えした通り、バランスの良い選び方はAです!

「春雨スープ」「野菜ジュース」は体に良さそうなのに、なぜBはバランスが良くないのでしょうか。

バランスが良くなる3つ
①【黄:主食】=体のエネルギーになる
ご飯、パン、めん類、小麦製品、果物、いも類など
②【赤:主菜】*血や肉になり体をつくる
肉、魚介類、卵、大豆製品、乳製品
③【緑:副菜】*体の調子をととのえる
野菜全般(いも類などを除く)、きのこ類、海藻類、こんにゃく

Bの商品を3つへグループ分けしてみましょう。

春雨は「じゃがいもデンプン」が主原料です。芋類は【黄】です。

果汁入りの野菜ジュースは、野菜汁・果汁がおおよそ半々の構成で製造されていることが多いので、野菜汁【緑】、果汁【黄】の両方へ分けることができます。おにぎり2種も【黄】です。

このように考えると、Bは【黄】に偏っており、「バランスよく食べる」という点では、Aに劣ります。

でも、Bをバランスよくするためには、おにぎり1個を他の商品へ変えるだけでOKです!

それでは、ここでクイズです。

Bのコンビニランチは、おにぎり1個を何へ変更すればバランスが良くなる?

ア、イ、ウの中で正解だと思う方にタッチ!(クリック!)

残念!
正解!
残念!

イのゆで卵サラダを選びましょう。

ほうれん草のおひたしは【緑】、サラダチキンは【赤】に分類されます。Bの組み合わせは【黄】に偏っていたので、【赤】と【緑】を追加する必要があります。両方を兼ね備えたのは「ゆで卵サラダ」ですね!

もとのコンビニランチ「B」も、それぞれの商品が悪いわけではありません。

ひとつひとつが健康的なものでも、組み合わせを間違えることで、バランスはくずれてしまいます。食べたものが体の中でうまく利用されるためにはバランスよく食べることが重要です!

それでは、外食の場合はどうでしょう?

ここをクリック(タッチ)して、外食クイズに挑戦しよう!

健康的に見えるその組み合わせ、本当に健康?<外食ランチ比較!>

Aの外食ランチとBの外食ランチ、どちらが健康だと思いますか?

AとB、正解だと思う方にタッチ!(クリック!)

残念!
正解!

おすすめは、Bのパスタランチです。

ラーメン・チャーハンセットは【黄】に偏ってしまいます。餃子は肉や野菜も食べられますが、皮は【黄】を含みます。

健康度アップのコツ

ランチを選ぶ時は1回の食事で 【黄】はひとつにすること が重要です。ランチセットは【黄】が多い組み合わせになっています。「麺類&ご飯もの」「パスタ&パン」などです。

さらに、外食は塩分が多い傾向にあるので、以下の塩分を控えるコツも参考にしてください。

  1. 麺類のスープは残す
  2. 汁物・スープ、漬物類は残す
  3. ソースや醤油、ドレッシングの量は減らす
  4. 注文時に「量を減らしてください」と依頼するのもいいですね!

さらに、中華ランチ・パスタランチの注意点を確認しましょう!

  1. 中華ランチ
    中華料理は油の量は多いですが、選び方に注意をすれば野菜をたっぷり食べることができます。お得なランチセットはボリュームも多いので、グッと我慢して単品で注文する勇気を持ちましょう。
    麺類は、ちゃんぽん麺やタンメンなどの野菜が多いものを選んだり、トッピングを活用しましょう。餃子を一緒に食べたい時は、半人前にしておきましょう。
  2. パスタランチ
    サラダがセットになっていることが多いイタリアン。パスタは肉・魚介類・卵を使ったメニューを選びましょう。野菜が入っていれば更にいいですね!
    オイルベース、トマトベース、クリームベース、和風ベースなどバリエーションは豊富です。それぞれに一長一短があるので、日替わりで種類を変えることもをおすすめします!
原案・監修
NPO法人 LET’S食の絆
管理栄養士 植村 瑠美 氏