乳がん・子宮がん検診のススメ

健保はどうして健診を勧めるの?

健保組合は、皆さま(被保険者)と皆さまがお勤めの会社(事業主)からの保険料をもとに、皆さまへの医療費給付のほかに、皆さまの健康増進・維持のため、特定保健指導や各種健診(検診)の補助、たばこ対策などといった独自の事業(保健事業)に取り組んでいます。ぜひ、健保組合の保健事業を積極的に活用して、皆さまご自身の健康づくりにお役立てください。

乳がん・子宮がん検診はどうして必要なの?

乳がん・子宮頸がんは罹患者が多く、特に乳がんは「死亡原因の上位に位置するがん」とされています。どちらの場合も、早期では自覚症状が少なく、「私は健康だから」「時間がない」「面倒だから」という理由で検診をしない人が多くみられます。早期発見・早期治療することができれば、治療の負担も軽く治療しながら働くこともできます。まずは、定期的に早目の検診が必要です。
乳がん・子宮がん検診は、共に国の推奨する日本5大がん検診であり、乳がん検診は40歳以上、子宮がん検診は20歳以上での検診が推奨されています。ただ、乳がんにおいても、罹患する年齢が若年化している傾向があります。

乳がん・子宮がん検診で何が分かるの?

検診では、がんやその他関連する病気の有無、その進行状況が分かります。 健保組合では、乳がん・子宮がん共に検診の補助制度を設けており、20~34歳の方は名鉄病院のレディース健診、35歳以上の方は、健保の人間ドックのオプションとしておトクに検診できます。 健保組合の健診補助を習慣化し、毎年受診に心がけましょう。

乳がん・子宮がん検診は、国が推奨す5大がん検診の1つです。