被扶養者に関する調査について

収入調査

1年に1回、パート・アルバイト等収入があると確認できている被扶養者(学生以外)を対象に、前年収入の確認と今後の収入の見込みについて調査します。

進路調査

学校(高校・専門学校・短期大学・大学)を卒業する年にあわせて調査し、進路によって抹消または継続認定します。

資格審査

健康保険法施行規則第50条に基づき、「被扶養者の資格調査(検認)」を実施いたします。この調査は、被扶養者に認定されている方に対して、引き続きその資格を有するかどうか、これまでの扶養の実態や収入の状況などを確認するものです。事業所ごとに数年に1回、認定申請の際に「無収入」と申告された方で、高校卒業後一年以上経過した被扶養者を対象に過去の収入と今後の収入の見込について調査します。

被扶養者の資格について

被扶養者は、保険料を負担しないで給付が受けられる代わりに、親族関係(続柄)と扶養状況(被扶養者の収入状況)について一定の要件を常に満たしている必要があります。一度認定されたとしても、時間の経過とともにその要件から外れる方が出てくるため、定期的に要件が備わっているかを確認します。収入調査・進路調査・資格審査に必要な書類を期日までに提出しなかった場合、健康保険法施行規則第50条第7項により被保険者資格を抹消し、その家族の被保険者証は無効となります。