認定日・抹消日について

すべての事例において、必要な添付資料が提出された上での認定となります。さかのぼり認定は事由発生日から1ヶ月(新規取得者・出生は2ヶ月)以内に書類提出した場合に限ります。

さかのぼり認定の事例

事例事由発生日
子どもが生まれた出生日
退職した退職日の翌日
結婚した入籍日
雇用保険受給が終了した受給終了日の翌日
雇用契約を変更した契約変更日

抹消日の事例

事例事由発生日
就職した就職日
死亡した死亡日の翌日
離婚した離婚日
別居した別居した日
年金受給を開始した・年金額が改定された年金受給振込月の1日
雇用保険受給を開始した受給開始日
この先超える見込となった抹消届受理日
雇用契約を変更した(時給増など)契約変更日
収入調査等において超過が発覚した超過の状況による(下表参照)

仕送りをしている場合は、振込明細票等を確認できれば引き続き認定が可能です。

被扶養者の資格がすでになくなっているにもかかわらず、ただちに手続きを行わず継続的に健康保険証を使用していますと、被扶養者資格をさかのぼって抹消し、その間に発生した医療費およびその他の給付金を過去にさかのぼり返還していただきます。

収入調査等において超過が発覚したときの抹消日について

  1. 連続する12ヶ月で、その12ヶ月の間に108,334円以上は3回以下でかつ17万円【☆】以上の月がない場合は、継続して認定を承認
    108,334円以上が連続した場合は、1ヶ月目で抹消

    《例》超過4回目の5月で抹消

    11月12月1月2月3月4月5月
    11万円9万円11万円9万円11万円9万円11万円

    《例》超過連続のため1月で抹消

    11月12月1月2月3月4月5月
    8万円9万円11万円11万円11万円9万円11万円
  2. 連続する12ヶ月で、その12ヶ月の間に108,334円以上は3回以下でかつ17万円【☆】以上の超過が1回までの場合は、継続して認定を承認
    108,334円以上が連続した場合は、1ヶ月目で抹消

    《例》17万円超過2回目の3月で抹消

    11月12月1月2月3月4月5月
    11万円9万円18万円9万円18万円9万円11万円

    《例》超過連続のため1月で抹消

    11月12月1月2月3月4月5月
    8万円9万円18万円18万円8万円9万円10万円
  3. 連続する12ヶ月で、その12ヶ月の間に108,334円以上の月はないが、216,668円【☆】を超える月があった場合は、その月で抹消

    《例》216,668円超過のため3月で抹消

    11月12月1月2月3月4月5月
    9万円9万円9万円9万円22万円9万円9万円

    ☆なぜ17万円? →当組合の標準報酬月額の平均額である340,000円(※1)から設定しています。(340,000円の1/2)
    ☆なぜ216,668円? →108,334円の2か月分から設定しています。(108,334円以上が連続した場合は、1ヶ月目で抹消)
    ※1 任意継続被保険者の保険料の基礎となる平均標準報酬月額 (公告)

さかのぼり抹消した方の再認定について

さかのぼり抹消した場合、現在は扶養条件を満たしていれば再度扶養認定をします。

【必要書類】

  • 被扶養者認定届
  • 戸籍謄本(世帯全員分)
  • 住民票(世帯全員分)
  • 所得証明
  • 雇用契約書
  • 給与明細3か月分(再度認定する月からさかのぼった3か月)

    ※3か月のいずれの月も108,334円以下であることを確認した上での認定となります。ひと月でも超える月があった場合は、3か月連続して超えないことが確認できるまでは認定しません。

【認定日】

原則は書類受理日です。ただし、さかのぼり抹消した方について、抹消月以降に、収入限度額を超えていないことを条件として、超えていない月から数えて3か月経過した、翌月に認定します。

《例》超過月が連続のため11月で抹消。1月2月3月は限度額内のため、4月で再度認定する。

11月12月1月2月3月4月5月
11万円10万円8万円9万円8万円9万円9万円