ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)って、どんなお薬?

イラスト

新薬(先発医薬品)の特許期間(20~25年)終了後、製薬メーカーが厚生労働省に承認申請し、製造・販売が認められたお薬です。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもち「新薬と同等の品質」が認められています。

医薬品の分類

被扶養者の範囲図

ジェネリック医薬品は新薬に比べて大幅に研究開発費が削減できるため、価格を新薬の2~7割程度に抑えられます。

そのため、皆様の医療費の自己負担を軽減し、ひいては国全体の医療費も削減できるため、政府主導によりジェネリック医薬品の普及促進が図られています。

お薬代の自己負担額がどれだけ軽減されるのかな?

イラスト

今、飲まれているお薬(新薬)と同等の成分・効能を持つジェネリック医薬品の、名称・価格を簡単に検索することができます。

ジェネリック医薬品に切り替えることで家計の医療費削減にもつながります。

お手持ちのお薬名を入力して、どれくらい節約できるのかお試しください。

ジェネリック医薬品「お願いカード」を活用しよう!

イラスト

ジェネリック医薬品でお願いします!」と言いづらいこともあると思います。

そんなときは、病院の窓口で、保険証と一緒に「お願いカード」、
調剤薬局の窓口で、処方箋と一緒に「お願いカード」、
を提示するのもよい方法です。

当健康保険組合では、ご自身でホームページから「お願いカード」をプリントアウトしてご利用いただけます。

注意事項

イラスト

ジェネリック医薬品は、現在、政府主導により普及促進が図られています。

しかし、すべての薬がジェネリックに変更できるわけではなく、すべての医療機関で扱われているわけでもありません。

また、ジェネリック医薬品を使うには医師の処方が必要です。

まずは、医師や薬剤師に相談していただき、ご自身でよく理解し納得した上で使用してください。